--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

10.13

マジメな話しだでつまらんかもだけどw


またちょっと理屈っぽい話しなんかもしれんけど、実はこれって感情論だと思う




別に、神を信じます信じませんとかはどーでもいい話しで


この世界を神が作ったとか作らないとか


そんな話しは知らん


証明の使用もないし


ぶっちゃけどーでもいい。


ただ、それを議論するのは、3次元に限って言えば別に悪い事じゃないとは思う。



信じたい人は信じるし


そんなもんアホかって思う人もいるし







神=宗教に繋がってくわけで



世界には何種類もの宗教があるわけだけど



ウチもまー日本人なんだから家に仏壇もあるし

墓参りも行くし・・・


ご先祖様の為って思ってるかってーと、そんなんより

義務的な感じにはなってる


信仰の自由があるわけだから、どんな宗教のどんな神を信じようと自由なんだけど


ま、犯罪を犯すよーなわけわからんやつは置いといて

過激派な宗教じゃなくて良かったなーとも単純に思うし


俺は

日本に産まれて、この家に産まれて

その間、他の宗教の影響も特に受けなかったで流動的に今の宗派なわけで
(うちは一般的な宗派ですw)

特に信仰が厚いわけでもなんでもない。


それこそ、盆や彼岸に墓参り行くぐらい




で、まー死んだら骨になるわけなんだが・・・


その骨をいつまでも大事にして

墓に入れて・・・



わけわからん呪文みたいなお経唱えて・・・


地獄や天国やら

お釈迦様やら他にもいろんな神様がいっぱいいて

いろんな言い伝えってか説法があって

ホントに居たのか誰が作ったのか・・・



わけわかんない人(神)の前で手合わせて。。。

くっだらねーって思う人も多いと思う。


俺は・・・別に神を信じちゃーいないが


信じていないってか、それはどーでもいいし

けど
くっだらねーとまでは思わん。

うん
それはどーでもいい

(ちなみに宇宙人は信じる 笑 だってこのとんでもなく広い宇宙で
生物いるのが地球だけなわけもなさそーじゃん?)




結局、死んだらどーなんのか

死んだ人はどーなんのか


そこなんだよね


それってわかんないじゃん


死んだ人が49日間側にいるのかどーなんか(仏教で言えば)



ただ、残された側

残された人にとって


この49日やら天国やらって話しは


ある意味救いなんかなって。


死んだ人がどーなるのか、わからんままってより

49日経って、無事あの世へ旅立ちました

生前、悪い事もしてなかったので閻 魔 大 王 様に許しをもらって

無事天国へ行きましたとさ


って筋書きがあれば


残された者は、そう考えれば楽だよね



愛する人なら尚更



祖父母や先祖様だと、イマイチこーゆー感情になりにくいけど(失礼な話し)

愛する人だときっと変わってくるのかな



もちろん、これも、

くっだらねーと思う人もいると思う


それはそれで全然良いとも思う





でまー、ここからは母の話になるんだが



親父が他界して以来、思い出の地やお寺参りをしてたのはちょっと書いたかもだけど


いわゆる

西 国 三 十 三 カ所



四 国 八 十 八 カ 所お 遍 路

とかの巡礼やってるんよね


で、三 十 三 カ 所の方は見事回りきったんだと

*今はそれの旅行会社のツアーみたいなんがあってそれで行った
 複数回にわけて



八 十 八 カ 所はどっちかってと自分の修行的要素が強いけど


三 十 三 カ 所の方は極 楽 浄土の為にって感じかな?

俺も詳しくないでいかんけどさ


それこそ、親父遺骨抱いて行ってる


「パパが極楽浄土へ行けますよーに」

って本気で思って、つぶやきながら


傍からみたらちょっと危ない?w


よくわからんけど、三 十 三 カ 所の

一つ一つのお寺で証明ってか、

すんげー簡単に言えばスタンプラリーみたいなw


そんな安っぽいもんじゃないけどね

言葉がわからんでw


立派な掛け軸に、達筆で三 十 三 カ 所 の寺の証明が書かれた

のを満足げに仏壇の横に飾ってる


母は本気で、「これでパパは大丈夫」


って思ってる



俺は全然一緒に行ってあげれてないけど

すげぇーなぁーって思ってみてる




こんなエピソードも嬉しそうに話してた



奈良の長 谷 寺ってとこに

期間限定で


でっかい観音様の足下まで行って実際に触れてお参りできるみたいな


長 谷 寺ってっけこう有名で、母的にもお気に入りっぽい


ここは俺も付き合ったんだけど



母が必死に三 十 三 カ 所巡礼してる頃、ここに来て


観音様の足下にすがって


「パパを極楽浄土に」

って拝んで


その日か数日後か忘れたけど


夢を見たらしい


一つは観音様が

閉じてる目を開いて


「お前の願いを叶える」

って言ったんだとw


もう一つは

夢で親父が

「そんなに心配でんでも大丈夫だわ~こっち(あの世?)でうまくやってくわ~」


って言ったんだとw



ホントかいな?って話しだし


苦笑いしそーになる話しだけど



本人が嬉しそうに話すし、それでなんか肩の荷が下りたって言ってた




結局、それが全てなんかなって。




神様がいよーがいよまいが

お釈迦様や観音様や


いろいろあるけど



母がそれを信じるも信じないも



死んだ親父が、ホントにあるかどーかもわからない死後の世界で

ちゃんとやっていけるよーに


ただただその思い一つで


観音様に手を合わせて

全国何十カ所もお寺回って



それで、夢が偶然か必然かはわからんけど


その思いから見たんだろーけど



母の気が済んだってか、良い方向に思えた



その事実が全て。

それで十分。


神がいよーがいよまいが

そんな事はどーでもいい。


死がどーだとか

死後の世界がどーだとか・・・






母みたいな思いの人がいるだけで

それだけで、神がいるって話しの意味はあると思う。




信じる人は救われる

信じなきゃ救われないの?


神なんて実態のないモノ・・・





って俺も捻くれて思うけど





その一通りの筋書きがある事によって心が救われる人もいる


それでいいじゃん。





別に全然マザコンじゃないっすけど


単純に、母見ててすげぇーなって思う


ようそこまで出来るなって


そこまで思ってたんだなって


世の中には
夫が死んで、遺産で遊びほうけてる人いっぱいいるだろーに



仏教の話しに疎いもんで、用語もままならず


おかしな話しもあるかもだけど

それも、それで良いんじゃね?


ま、間違った知識はいかんけどね。



俺が母見て、すげーなって思った時点で


神がいるって意味もあるんじゃないかな





もちろん、信仰の自由はありますが


変な オ カ ル ト集団

犯罪宗教

過激派宗教





またちょっと話し違うんかなーとも思いつつ



その人らにとっては、それが救いなんかな・・・?


理解はできんけど

否定する権利はないんか





とりとめもなく、持論ばっか


長くなってごめんなさいw





スポンサーサイト

☆考・思☆
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

08.04

終→始

とりあえず終わったので、ホッとゆーかなんつーか。


1年に1回の試験だから

1年間支えてくれた彼女や家族に感謝と

同時に・・・




正直

出来が悪かったから。。。


申し訳ない気持ちもいっぱい。



1年間何してきたんだろ


この感情は初めてじゃないはず


何回繰り返すんだろ。。。




そろそろいい加減本気で向き合わないと


いつまでもグダグダやっててもしゃーない。



毎年、試験前に遊べん~って言うのはもう辞めよう


そんな感情は捨てよう



受かりゃーいいんだ!!



まー受かっても毎年法律は変わるから
ずっと勉強はさないかん職業だけど




終わったばっかでなんだけど
今年は本気で望みます。。。



かと言って、彼女や友人との遊びも結局はしちゃうんだけどね


まーそれも大事だし

俺はガリ勉くんじゃないし


仕事・勉強・遊びの両立はある程度できるハズ!!



メリハリで!!


ただ、今年は比重を重くする。

もっと賢く時間を使う

要領よく


やります!!




そろそろ結婚もしたいし

するからにはある程度、メドつけたいし




早く幸せな家庭を持とう。

彼女も30までには子供欲しい言うとるしw

俺もそう思うしw





親孝行しよう。











決意はこの辺にして、後は胸の内に留めて。。。


まーここに書いて、宣言みたいなもんで☆









とは言っても、とりあえず終わったんで


遊びます(笑)





8・9・10月ぐらいは、はっちゃけて♪






☆考・思☆
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2008

04.23

それでもボクは・・・

やってない。


映画ありましたよね。


この前TVで見た。



痴漢の冤罪を題材にした映画です。



もちろん痴漢は女性にとって卑劣で精神的なダメージも大きい許されざる犯罪です。




でも、あの映画観たら・・
男なら誰でも痴漢犯罪者になり得るんだなって。

痴漢してもしてなくても。

警察の実体もあれが本当ならずさんすぎる。



まじ怖いなって。


日本の有罪率99%。

検察はメンツにかけて起訴したら何が何でも有罪にする。

した事よりもしてない事を証明するのは格段に難しい。



日本でも裁判員制度が始まりますが、一般人の感性が尊重され、
被害者意識が強くなる事によって
冤罪が増えるんじゃないかってのが心配。


有識者でも判断が異なる裁判において、一般人が証拠に基づいて適正に裁けるのだろうか。



判例はあるし、日本は判例にならえ的なとこもあるけど、
裁判はその事件一つ一つによって証拠も真実も異なる。


果たして裁判員が先入観を捨てて、その事件に向き合えるだろうか。


例えば、痴漢被害を受けた事ある女性が痴漢事件の裁判員になった時、
冷静にその事件の証拠だけに基づいて判断できるだろうか。
(例えに痴漢・女性を引き合いに出して、女性の方すいません。)


被告の見た目や印象だけにとらわれないだろうか。


まして、仕事等で忙しい中、なかば強制的に招集されて、
長い時間かけて審議して・・

めんどくさいって思うと思う。

真剣に審議できるんだろうか。



もっと言うなら、なーんも興味なくてチャラチャラしてるよーな奴にできるのか。


どんな犯罪者も弁護を受ける権利・適正に裁かれる権利は認められてる。

人である限り。


別に俺は犯罪者を特別擁護してるわけじゃない。

ただ、この権利がないならハンムラビ法典で用は足りる。

根本はそれが理にかなってると俺は思う。


でも、現実にそれは許されないし、許されるべきではない。


報復・復讐という、もっとも危険な思想を助長させてしまう。

復讐は連鎖する。

結果、双方とも手を汚し、何も残らない。




愛する人が殺されたら、犯人殺したいと思う。


まして、反省の色も全くないのならなおさら。


でも、実際に殺めるのか。

被害者はそれを望むのか。

俺が殺されても、愛する人に復讐をしてくれとは思わない。
残された愛する人には、決して手を汚さないで欲しい。

残りの命を全うに清く生きて欲しい。

あとは・・忘れないで欲しい。









過去に、冤罪によって死刑になった人もいるのかもしれない。


ちゃんと適正に裁かれるのか。



俺だっていつ犯罪者になるかわからない。
故意でなくても人を殺めてしまう可能性はある。
誰だって。

そんな時、こんな奴に裁かれたくないって思うよーな人が裁判員になる可能性だって十分ある。




昨日に引き続き、こうゆー話し書いてますが、


今回、光市の事件は
メディアや世論が大きく被害者感情を抱き、死刑支持の流れが作られた。
個人的には俺もそうです。

あれで死刑回避だと、あまりにも惨いなって。


でも、裁判は世論など外部からの影響を受けてはならないもの。



ましてやメディアがそれを助長するのは言語道断。


ただ、この事件がメディアを通じて多くの人の目に触れ、考え、議論が産まれて
被害者の権利が多く認められるようになったり、社会的な影響は凄く大きかったから
結果良かったのかもしれない。










裁判員は一生に数回はまわってくる計算らしい。


裁判員、当初はやってみたいと思ってた。

修論で判例見るうちに、ちょっと読めるよーになって関心持ったし、
裁判傍聴したいとも思った。


でも、いざ裁判員になったら、その事件にまっさらな気持ちで真剣に向き合えるか自信ない。

頭ではわかってても、俺は素人だから心のどこかでは先入観を持ってしまってる。

裁く者が偏った個人的な心情や信念を持ち込んではならない。


真実を見極めるのは簡単じゃない。
裁判が終わった後も、真実は当事者にしかわからない。




もし、
無罪に人を有罪にしてしまったら・・・。
有罪の人を無罪にしてしまったら・・・。


その事件に関わった人の人生を大きく変える選択をする。

裁判員はそれだけ責任が重大なものだと思う。


一般人の感性に近づけるのがこの制度の目的だって言うんだからそれでいいのかもしれんけど、
俺は基本的には反対。

もちろん良い面もあるだろうけど、
政治や時事に関心が薄い、感性が疎い日本で裁判員制度を導入するリスクは高いと思う。



☆考・思☆
トラックバック(0)  コメント(2) 

    2008

04.22

死刑

今日耐えきれず病院行きました。。。

いつも満員の病院なのに今日はかなり空いてた♪

後期高齢者医療制度に反発して高齢者の方が病院ボイコット!!?
んなわけないw
関係ない。


この制度は2年前、選挙で歴史的大勝した小泉政権が作ったもの。

国民の多くが小泉政権を望み、小泉フィーバーが巻き起こる最中、
ほとんど誰も知らないうちに強行採決されたもの。

国民があんだけ支持した人が作った制度だもん
本当なら文句は言えんよね。


それなのに世論調査で首相になってほしい1位は・・

小泉純一郎w


俺にはこの矛盾が理解できません。


ま・・人それぞれ支持する人・党は自由なんだけどもね。。。

日本は国民が関心なさすぎるのが残念だなってね。
関心ないのに文句言う資格はないなって。

俺も2年前にこの制度できたのは知らなかった。
知らないのが悔しいw




話し変わって

今日、光市母子殺害事件の差し戻し控訴審の判決があったね。

ちょうどお昼だったからニュースで見れた。


極刑だったわけだけど・・


言い方が不適切かもだけど

やっぱりか。



それに、こんな言い方は変だけど

遺族の○村さんは立派だなって。


判決後のインタビューの受け答え、感情を抑えての言葉の選び方、言葉自体・・
見てて、

凄く頭が良い人だなって。


重みが違う。





自分の奥さんと子供が残忍に殺されたらどーなんだろね。

想像もできん。



犯人を殺したいって思って当然だと思う。


9年も裁判かかって・・ずっと戦って

壮絶だったろーな。


夜一人で家でご飯食べるときとかどんなんだろう。



9年前の映像とかは、まだ若くて(俺と一緒ぐらいの年齢)感情をあらわにして
てけど、
最近は感情を抑えながら、淡々と訴えてく姿が
なんてーかもう・・・。


この事件、○村さんの裁判を通じての社会への功績・影響は計り知れないな。。

俺もいろいろと考えた。

社会もこれをきっかけにもっといろんな問題を浮き彫りにして
議論して少しでも改善されればいいと思う。




世界的に死刑は廃止の方向に向かってるみたいだけど、

裁判員制度もあって
日本はこれからさらに厳刑になるのかな。

俺も死刑はあっていいと思うけど。

ハンムラビ法典じゃないけど・・

本来あれが理にかなってるなってちょっと思うし。



いくら議論しても死刑も、法自体も正解や完璧はないんだろーけど
議論する事に意味はあるんだろーし。




裁判員・・やってみたいけど、怖いな。

素人が裁くなんて反対だな。

机上で作られた法を少しでも感性に近づけようって事だろうけど・・・


その感性が逆に怖い。







でも

やっぱ・・自分の愛する人が殺されたら


犯人殺したいもんな。





ってか裁判より、政治に陪審員制度作った方がいいんじゃね。


☆考・思☆
トラックバック(0)  コメント(4) 

    2005

12.31

LOVE&PEACE&THANKs

今年も終わりです
早いな~!!去年の今頃は何やってたっけ・・?

今年はいろいろあったな~・・。

将来の事で親ともめたり

親が癌になったり

就活もして内定ももらった

でも結局大学院行く事になってなんとか受かったけど

相変わらず専門もしんどいし
 
今だに自分の将来が不安だよ・・





でも今年もいっぱい良い思い出できたな~

4年生になってゼミかなり楽しくなって、仲間といっぱい遊んで一生忘れない思い出作ったな~書ききれないからやめとこう☆

他にも本といろんな人に世話になったし、仲間がいてよかった

でも今年一番の出来事はやっぱ・・・5年付き合った彼女と別れた事かな。まさか別れるなんて思ってなかったし、しかも俺からフルなんて。
別れてから元カノの偉大さってか、存在のでかさってのも身に染みて感じてる。後悔とかじゃないけど、何よりも感謝してる。別れた時もアイツのおかげで凄い良い、前向きな別れになった。本とに、今までありがとうって感謝の気持ちでいっぱい。
これはまた別の機会に書きますね♪

そして、新しい彼女との出会い。これにも感謝だね。今年から二人でいっぱい思い出作っていこう

世の中もあんまし良い話題なかったけど・・それでも良いニュースもあったし、清水寺で書かれる、今年一年を表す漢字が「愛」ってなって、ちょっと嬉しかったかな
悪い悪いって言ってると、世の中本当にそうなっちゃうから、すこしでも前向きに良い事を大事にしていこう!!
世界中に  LOVE&PEACE
地球が少しでも平和に、愛で満ちるよーになればいいね


そしてそして!!忘れちゃいけないのが、このブログ!!!
友達がやってんの見ておもしろそーって思って、友達には内緒で(見られると恥ずかしいから)6月からやってきたこいつ。

最初はすぐめんどくさくなって、ただの暇つぶしみたいだったけど、今では欠かせないかな
院試とか辛い時に、励ましの言葉もらったり、元カノとかのこともいろんな意見もらったり、その他も暖かいコメント頂いて本と皆様にはお世話になりましたいろんな人の意見が聞けて、思考の幅が広がったり、参考になったり、何より勇気づけられ、元気、パワーをもらいました
本と、ブログ始めてよかった☆
こんなブログにもいつのまにか、コメントが来るようになり、通りすがりの人や、レギュラーで登場してくれる人と、たくさんのステキな出会いがあって、まじ嬉しいです
見てもらうだけでも嬉しいのに、コメントくれるのってマジ感激で感謝じゃんね♪それによって、顔も名前も知らないけど、その人と関わりを持って、出会いとなる。しかも、その人と俺が出会う可能性ってめちゃ低いじゃん!!

       一期一会

出会いを大切にする俺にとって、皆様との出会いが何よりも今年の財産です
今年は本当にお世話になりました
感謝感謝です!!!
こんな俺ですけど、来年も是非よろしくね
2006年がみんなにとって、そして世界中が良い年になることを心からお祈りしています

☆考・思☆
トラックバック(0)  コメント(2) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。