2009

02.28

久しぶりです!


1か月経ちました。


早いもんだね~



母も徐々に安定してきたかな。

ってより、忙しすぎて泣く暇がばいって感じかも。



結婚式は1年以上も前から準備するのに・・・

葬式は亡くなってから一日二日のあっとゆー間だもんね。。



祖母が1年半前に亡くなったで、だいたいの段取りは知ってたけど

喪主はホント大変だった。


何から何まで

喪主さん~喪主さん~・・・



一応父は業界内でそれなりに有名だったので

いろんなお偉いさんがいらしてくれた。

俺なんてぺーぺーは顔もわかんないぐらいだけど。


もちろん関与先の社長さんも全員いらしてくれた。



関係者の人たちに、あの息子で大丈夫か・・?
なーんて印象を与えたら、今後のうちの事務所は終わり。


通夜・葬儀の日に俺にできる事、すべき事


立派に喪主を努め、今後もコイツなら任せられそうだと思ってもらう。



父を送ってあげるってのは当たり前の事として・・・

その横ってか、後ろにはもう悲しいだのなんだの言ってられない
次の日からの現実的な問題が見え隠れしてた。



幸いにも、生前の父と親しかった先生にいろいろと手伝って頂いたりで
通夜・葬儀は無事に執り行う事ができたし

俺の挨拶や振る舞いも立派だったよと多くの方から言ってもらえたので
あの日の役目は果たせた。



事務所は、税理士法人に吸収されて支店って形で中身は変わらず残れる事になった。


次に日から早速新しい所長と関与先さん周り。。

中にはやっぱ・・

今後の顧問はちょっと考えさせてもらうとか・・・

顧問料下げてとか・・・


厳しいけどこのご時世だし、しょうがない。




でも優しい言葉をかけてくださる方がほとんどで・・・

これも親父の人柄のおかげだと思う。

葬儀もたくさんの人に会葬してもらって。




顧問先で親父が監査役って役員してたとこが2社あって

親父が亡くなったから当然それは変更さなあかんしって思ってたら


「君がやってくれ。」
「こちらからお願いします。」

って。

身に余りすぎるよ。。。。

荷が重すぎる。



当然今の俺なんかが、監査役の名に相応しい仕事できるわけない。

監査役ってのは非常勤だけど、ちゃんと毎月役員報酬が出る。

2社合わせたら普通の給料ぐらいの額になる。


まじ俺なんかが申し訳なさすぎる。

このご時世に・・・会社の利益を俺なんかが。

なんもできんのに。

お金なんていらない。




まー、社長さんも今の俺に期待してるわけじゃなく

今後の俺に期待してくださってるって事。


心配していろんな言葉かけてくれたり
世話してくれるのは

今後の俺に期待してくれてるからなんだ。

そして何より、父の人柄。

親父はハートで仕事する人だったから。



祖父はかなりの功績もあってお偉いさんで有名。

父は、地位や功績はないんだけど
性格ってかキャラで有名(笑)

そんなこんなで、うちの事務所はいろいろと有名w



ホント、えらいもん背負ったなって思う。



ネガティブに考えればね。


ポジティブに考えれば

こんな経験誰もができる事じゃない。


それに、こんなにもたくさんの人に世話になって


半年しか一緒に仕事できなかったじゃなく

半年一緒に仕事ができた事が重要。







新しい先生と挨拶回り

正直心の中では悔しかった。


もっと親父と仕事したかった。

いろいろと教えて欲しかった。



でも、しょうがなかった。

しょうがないってか、事務所が形だけでも残れるのは
うちとしてはかなりの好条件。


でも、看板は変わる。


絶対もう一回、うちの名前の看板を掲げる。




今はたくさんの周りの人に世話になって、支えてもらってる。

完全におんぶ。



いつか俺が立派になって恩返ししよう。


親父のようにハートで仕事したい。




生きてる時は、親父の嫌な面ばっか

反面教師な面ばっかだったけど。



家で見る親父と


職場での親父と


それと、他の人から聞く親父。



他の人から聞く外の親父は俺の知らない事ばかりだった。



みんな本気で涙してお別れしてくれた。




すげーな親父。





会計事務所が一番忙しい時期に死によって

まったくw


申告期限は待ってくれないしw


葬儀の事後処理やらいろんな届け出やらもいっぱい・・・

知らない事ばっか。

知らないと損する事ばっか。

行政って冷たいね。







そんなこんな


いろんな事を思う



けど考える暇もない




自分を棚にあげるけど

頑張った

激動の1か月でした。



あとは言葉だけにならないように

行動と結果で示さな!






彼女のチョコと愛で疲れは取れてるから大丈夫♪


ありがとう。

彼女を始め、俺なんかを支えてくれる人達。





こんな話しでゴメンねー


葬式の話し
ブログに書く事すらあかんかもねw







こんな事があったとは知らない友人から



遊びのお誘い


やら

ボード貸して~

やら


後輩から就活の相談受け

たり


彼氏と別れそう~って子を慰め

たり




じゃー話せばいいじゃんって思うかもだけど

こんな俺からボードを借りた奴は申し訳なく思ってしまうだろーし

彼氏と別れそうな子だって、誰かに話し聞いてほしくて
その中から俺を選んでくれたんだし。

遊びの誘いにしろ就活の相談にしろ。



でも
友人にも何人かには話したし☆





ま、

・・・世の中は変わらず流れてるんだな




コメントありがとう☆


スポンサーサイト

☆ぼやき☆
トラックバック(0)  コメント(1) 

    2009

02.05

前へ

先日、父が死去しました。


癌を患ってから約4年?

肺炎で入院してから3か月


最後は俺と母が看取る事ができました。




死ぬ1週間前

急激に容態が悪くなった


死ぬ3日前

俺と母が医者に呼び出され、


血小板やら赤血球やらに悪い変化が・・・

なんか小難しい事を言うてましたが、

もう回復は難しい。
今のうちに家族や会わせたい人に・・・


との事。


それと、最後はもう心肺蘇生は行わないとの書類にサインして。



姉や親戚にも伝えたけど、
まー皆忙しいし・・・




俺が仕事終わって病院に行って
母が、一度家に帰ろうと身支度しただした時


心拍数やら血圧やらが一気に下がりだして

一瞬親父が痛そうな顔をした

多分心臓が痛かったんかな?


その後はもう看取るしかない状態。


ホントに、幸いなのは二人が両サイドで両手を握りながら親父が逝けた事


10分もないぐらいだったかな。


本当にドラマのまんまだった。


心電図のツーって音。


ご臨終ですって医者の言葉。



医者も言ってたけど、親父はよく頑張った。


それ以上に多分、母が一番頑張った。

毎日看病で。


二人で最後看取れて良かった。






俺も母も心の準備はできてたハズだけど

やっぱ母はね。。。



そこは、親子と夫婦の差は大きい



親父は入院してすぐ、ICUに入って喉を切開して人工呼吸器をつけたで、

声が出せなかった。


ずっと筆談。

仕事の指示も普通の会話も。


とは言っても、それもままならない

手も震えて、字が読み取れないし、
親父も体力がね・・・




母はずっと声が聞きたいと言ってた。

最後も、なんとか声が聞けないか医者に尋ねてた。


その願いは叶わぬまま。。




これから事務所どーすんのか

誰に頼むのか


そんな具体的な指示は何もないまま。


親父らしい。



普段から大事な事も全然喋らんかった。





まったく。





そのせいで今どんだけ苦労してるか。



ばかやろー





筆談で、最後に俺に残した言葉・・・

「オマエハモット、イログロニナレ」


ははは・・


まー意味はきっと

図々しくなれって事だろーけど。


自分でもわかってるよ。




親父は自由奔放で
表裏のない
言いたい事は言う
好きな奴は好き・嫌いな奴は嫌い

がハッキリしてた。


俺は真逆。


まー親父を見て育って、まわりに迷惑をかけるのが嫌で

俺の今の性格があるんだよw

でも、ちょっとは図々しくならなきゃな。





通夜・葬儀は喪主として無事執り行う事ができた。


事務所の今後の事とかはまた次に書くね。







ま、割と冷静ですが

とゆーか、俺には腑抜けてる時間はない。



親父は病と懸命に闘った。

親父は俺を待ってた。


資格取って一人前になって
自分は早く引退したかったろーに。


でも間に合わなかった。

一番の親孝行をしてやれなかった。



何の親孝行もしてやれなかった。


孫は愚か、彼女も紹介できなかった。


きっと、心残りがいっぱいあったろーに。


安心して逝けなかっただろーな。



ごめんな・・・


ごめん



ごめん









母はもう中身が空っぽ。






しばらくはしょーがない。





母を支えて、

俺は仕事も勉強も後悔ないよーに頑張らねば。



一歩ずつ、前へ。前へ。



親孝行・・今からでもできるかな・・・?














☆ぼやき☆
トラックバック(0)  コメント(4) 

 |TOP