2017

01.06

あけまして

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。


年賀チッチ




年末は母がインフルエンザ

年始は嫁さんがノロ


年始から休日診療所連れてったり
で何かと大変な正月でした。


年末に嫁さんが海鮮食べたいというので、鳥羽へ一っ走り

多分そこでノロ貰ったのかもw

カキ食べたしw



そんなんで

年始はどこも行かず



嫁さんの実家にも俺一人で行って挨拶w

日持ちしないお年賀(手土産)もあったし。
ついでに嫁方のお墓も一人で墓参り




別に俺は一人で嫁さんの実家行くのも
嫌でも何でもない
去年はお義父さんとゴルフも行ったし





逆は絶対ないだろーなw






嫁さんのお義父さんが、
当然嫁さんの心配をしてたんだけど、

「ご存じの通り、◯◯は我慢し過ぎる子だから...〜」

って仰るもんで、心の中でおもわず苦笑いしてしまった

表情に出てなきゃ良いけどw

多少顔引きつったかも




いや、新年早々また性格の悪い事書きますが。。。

だって、まー今回のノロや、前回のマイコ肺炎は実際かなり辛いから大変だし、
嫁さんもなりたくてなってるわけじゃないけど



それ以外の何でもない日でも、
しょっちゅう

頭痛い
お腹痛い
怠い
気持ち悪い

を1日に10回は言ってると思う。

酷い日は15分に一回ぐらい言うと思う。

いや、大袈裟じゃなしに!


上記のフレーズを一回も言わない日は

一年のうち、30日ぐらいだと思う。

いや、大袈裟じゃなしに!


仕事終わって帰って、上記フレーズ連発されて、一応心配して...

気が滅入る。


もっと家庭にポジティブオーラ出したいのに
ネガティブオーラが充満する

我慢し過ぎる子なら、もっとそのフレーズ言うのも我慢してほしい。


じゃないと、こっちも本当に辛い時しんどい時の判断がわからなくなる。


嫁さん、幸せじゃないんかな

嫁さんにとって今の生活何なんだろ

俺にとっても何なんだろ


なんか、今ふと書きながら思ってしまった。






そこに来て、お義父さんのそのセリフがあって、

もちろん、嫁いだ我が子が心配だし
可愛いだろうけどさ、



俺、一つも無理はさせてないですからね。
って。

嫁さん、そんなに我慢してますかね?
って。



まーお義父さんも、そういうつもりじゃないだろうから俺は気にしてないけど、


あー
大事に育てられたんだなー

って、感想ぐらいw




なんだか
年末吐き出しの記事で全部吐き出したつもりなのに、
あれ書いて後悔と反省したハズなのに、
新年早々また同じ事しとる。


馬鹿だねー懲りないねー俺

申し訳ない










昨日は初恵比寿行って、商売繁盛の祈願してきました!

今年は何か良い変化がある年になると良いな☆


精進します♪


皆さまも体調気をつけて

良い年にしましょう☆






スポンサーサイト

☆ぼやき☆
トラックバック(0)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

明けましておめでとうございます。
いつもこっそりブログ読んで応援してるよ!
愚痴ったっていいじゃない。ブログなんだから!気を遣いすぎだよ!

今回書いてるように、ネガティヴワードはネガティヴを充満させるし、言霊だよね。怠い、しんどいと言ってたらそうなる。
治療で本当に辛いと思うけど、言霊だと意識してほしいよね。引き寄せの法則とか本でも読んで、前向きにさせられないかな?!

でもさ、子どもができたら万事解決だと思ってたらそうではないと思う。子どもができたらできたでおそらく怠い眠いしんどいだろうし、小学生になっても働かないだろうし、問題は変わらないんじゃないかな。

偉そうにごめん。
でもなんか、結婚してからtakuさん幸せに見えない。
とっても熱くて優しくて常識的で賢い人だって私知ってるよ。なんてったって会ったことあるんだから。

離婚は考えてないって言ってけど、本当にこのまま残り50年とか、takuさんばかりが背負う形で人生それでいいの??
子どもいないからこそ離婚考えられると思うけど、、責任感強いtakuさんだから離婚を考えないのもわかるけどね。

でも一度真正面からぶつかってみたら何か突破口が見える気もするんだけどなぁ。

はつな:2017/01/09(月) 12:28:26 | URL | [編集]

あけましておめでとう!!

昔からずっと、いつもありがとね☆

ホントそうだよね、言霊やね!
その辺の意識改革ってか
自己啓発じゃないけど、そういう部分も見直したいよね。そんな本もいっぱいあるだろうから本屋行ってみるわー!
嫁さんにももちろん、俺もちょっと意識するよ!

あーまー確かに・・・なるほど(^-^;
確かに・・・子育ての大変さは知らないから今の理想で思ってるだけだけど、
母親になったらきっともっとしっかりすると思ってるのは甘いかな・・・?
しっかりするどころか、
そこで育児ノ イローゼとかなられると・・・
正直しんどいかも。。。
俺ももちろん子供の為に頑張るけどさ。

うん。仕事、もう絶対しないだろうね笑
俺もそう思うw

ううん、全然偉そうでないよ。
重みのある言葉ありがとう!

ははは、幸せそうに見えないか(>_<)笑
そうだよねw
ブログに書いてる事だけ見たら、そうなっちゃうよねw
それにそんな褒められた男でもないよ(>_<)
会ったの懐かしね♪
俺にとっては唯一実際に会えたブロ友さんだし、
ここぞって時にいつも飾らない言葉をくれて、
助かります。ありがとう☆


大丈夫だよ(^-^)
幸せ者だと思う。愛されてるし。
んーでも、こんな性格だから、
幸せだと思うって、言い聞かせてるのかな。

まっさらなな笑顔で
「俺、幸せ!」って無邪気には言えないのが
悲しいとういうか、こんな俺で嫁さんに申し訳ないな。
でもやっぱり、幸せだよ(^.^)

離婚はさすがに考えてないよ。
えっ!?てか、外から見たら離婚まで考えるレベルに
見えちゃう?(^^;)

喧嘩もせず、逃げてばっかでぶつからないのがいかんってのは分かってるんだけどね。
喧嘩の仕方が知りたいw
でも冗談抜きに、取返しのつかない事になる前に
正面から向き合わなきゃってのは思う。

うん。ここでグダグダ言うのはストレス解消なだけで、何の解決にもならんもんね!
で、俺が感じるストレスなんだから、
やっぱ俺から解決の道見つけていかなかんしね!!

はつなさん>taku:2017/01/10(火) 18:14:38 | URL | [編集]

ごめんねー。
そうだよね、ここだからこそ愚痴ってるんだし、楽しいことや嬉しいこと、奥さんに力もらったり救われることもあるよね。

takuさんが出来すぎてて、奥さんどんどん何もできない子になってるとこがあるように思うの。

親やtakuさんが、この子は弱いから、この子は1人じゃ何もできないから、って思ってると、言わなくてもそういうのって伝わるし、私は弱いんだ、何もできない、私は守られて当然なんだって思考になってくんじゃないかなぁ。

意外とこれも共依存なんだよ。
彼女はtakuさんに完全によりかかってる。takuさんは、彼女は弱いから俺がいなきゃ、俺がやらなきゃって彼女から離れられない。
手を引いてみたら意外と強かったってこともよくあるんだって。
もちろん今の奥さんから手を引く(離婚て意味じゃないよ)のは良くないと思う。
でも、この子は本当は強いってどこか信じてあげたらどうかな??言わなくても伝わることがきっとあるはず。彼女も強くなれるはず!!

離婚はやっぱりあり得なかったね。ごめん。愚痴の内容が人の根本的な部分な気がして、重く受け止めすぎちゃったよ。

楽しいこともまた色々ブログ書いてね★
takuさんが幸せなら良かった。

お互いまだまだ結婚生活はこれからだもんね。嫌なこともあるけど、良くするために頑張ろう!!

はつな:2017/01/10(火) 22:26:51 | URL | [編集]

全然謝られる事ないよ!
むしろそこまで心配してくれてありがとう☆

ここで愚痴ばっか書いちゃうから、それもいかんのだけどねー。
愚痴ばっか書いて、良いこと書かない俺が悪いわw
でも、普段の生活で言わない分、
どうしてもここではその吐き出し場になっちゃうで。


なるほどね。。。
なんかカウンセリング受けてるみたい!(^^)!笑
ホント、あーなるほどーって思うもん!

ここ最近は、はつなさんの言う様に、
ライオンの子を崖から落とすじゃないけど、
俺もちょっと意識して嫁自身にやらせようとはしてたけど、やっぱりどっかで嫁を信じてない部分はあったんだと思う。

どーせ・・・。

って。

嫁自身も、自分自身に諦めてるってか、
そういう節はあるけど、それは周りの影響もあるんやね。
見守ると見守るで、「優しくなくなった」とか勘違いされそうで、さじ加減が難しそうだけど、
嫁をもうちょい信じてみる。


そうやね♪
良い事ばっかじゃないけど、悪い事ばっかでもないしね!!


はつなさんのブログもちょくちょく覗かしてもらってるよ♪
移ってからはなんかコメントするの疎遠になっちゃったけどw
旦那さんへの感謝とか、お互いの愛情が伝わってきて
良い夫婦だなーって(^-^)

長い結婚生活だもんね~お互い頑張ろう♪

俺はちょっと
ふっと、ニッコリして軽く肩の力抜くよ。
ありがとう!

はつなさん>taku:2017/01/13(金) 18:41:44 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL